歯医者でも使用されているマイクロスコープ

以前歯医者は人間の目だけで行っていた様々な治療も現在ではマイクロスコープを使用して行うことができるようになってきました。
歯医者でマイクロスコープを使用することで今まで人間の目だけではわからなかった、様々正常部分と異常部分の境界線がはっきりわかるようになりました。

教えてgooに関するご案内です。

この境界線がはっきりわかることで歯医者の医療の質が向上するのです。


例えば、虫歯になっている歯の治療を行う際にマイクロスコープを使用しなければ虫歯と正常な歯との境界線がはっきりせずに虫歯を完全に取り除くため正常な歯の部分も削ってしまうことも少なくありませんでした。

また、歯に詰め物をするときにも使用されます。

歯の詰め物もその歯の形に合わせて詰められます。

歯医者のマイクロスコープをご提案いたします。

しかし、少しずれることも詰めているだけなのであります。


そのような場合、人間の目だけではその微妙なずれというのを調整することができません。

スコープを使い、詰めている場所を数十倍に拡大し調整することで最も適した位置に調整をすることができます。


最もマイクロスコープの必要性の高い治療が歯の神経や神経付近での治療の時です。

歯の神経を傷つけてしまうと、しびれを感じたり、痛みが残ったりしてしまいます。



治療後にそのような患者に苦痛を与えないためにしっかりと拡大し観察、治療を行うことで神経を傷つけずに異常な部分だけをしっかり治療することができます。

歯根の治療の際アメリカでは義務化されているので今後日本でももっとマイクロスコープが普及してくるでしょう。